大いなる勇者

BSのプレミアムシネマで2015/7/23に流れてた「大いなる勇者」、overtureとかintermissionが有り、いつの時代や…と思いつつ録画を最後まで一気に見てしもた。
どちらかというと都会派の映像作家と思ってたシドニー・ポラックの作とは思えない極めて厳しい雪山での撮影を含む全編自然主義映像満載の凄い映画だった。
ケヴィン・コスナーのダンス・ウィズ・ウルブスやジョニー・デップ主演のジャームッシュ作品デッドマンもこの映画の前では霞んでしまうだろう。という か、~ウルブスやデッドマンはこの作品にオマージュを捧げるものとして作られたに違いない。脚本参加のジョン・ミリアスがビッグ・ウェンズデーを手がけた のもこの作品があってのことだと理解できる。
とにかく凄い映画の一言だが商業的にはそんなに成功してないのかな。あんまり名前を聞かなかったが、CGI全盛の今こそ語り継ぐべき映画だと思う。アビスと一緒で二度とハリウッドでは製作出来ない映画の類なのかも知れない。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

次の記事

マグリット展