山の郵便配達

この映画良かった!これまで観た中国映画の中で飛び抜けて良かった! (中国映画ほとんどみてないけど。(^_^;)

これまで良かったと思える中国映画といえば張芸謀(チャン・イーモウ)作品ばかり。「キープ・クール」と、チャン・ツィイーを排出した幸せ三部作(「あの子を探して」「初恋のきた道」「至福のとき」)ぐらいで、悪くないというか、現代的な作品ばかりだった。(「紅いコーリャン」とか歴史・アクションはいまいち)

が、幸せ三部作と完全に同時期に撮られたこの映画はチャン・イーモウのような華やかな部分は皆無で、凄まじいまでに地味な作品。なんだけど、中国の山岳地帯の民族の暮らしをほとんど装飾せず、ありのまま実直に撮っているような感じ。あまりに地味なのでちゃんと鑑賞出来るまでに始めの部分で5回ほど挫折したw

作品のテイストはヴェルナー・ヘルツォーク「フィッツカラルド」や三池崇史「中国の鳥人」に近く、見方によってはタルコフスキーの「鏡」「ノスタルジア」「サクリファイス」と通じるものを感じるかもしれない。いや、正直に言えば、監督の霍建起(フォ・ジェンチー)はタルコフスキーの影響を受けていると強く感じた。

名作。こんな作品が中共に毀損されずに実現し、かつ残ったことが奇跡なのかも。ブルーレイディスクが出てたら欲しいと思って探してみると、BDはどうも出て無くて、DVDはレアもの扱いで12000円超えになってた!中古屋漁っても安くはなさそう。。。

そうそうそれから、この映画の主役級俳優のワンちゃん、レトリーバー系?の「次男坊」を忘れてはならない。「次男坊」の名演技がこの映画を名作にしてくれている。もう少し「次男坊」を前に出したらいいのにと思ったら、映画の原題は「那山、那人、那狗」( あの山、あの人、あの犬)なんだそうで。まさにピッタリのタイトル!

2016.11.28 BSジャパン録画

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください