偉大なる、しゅららぼん

 万城目学原作ものとしては映画として最もまともな出来だ。正直、小説は今一~今四ぐらいだったのでまったく期待せず見始めたら止められなくなってしもた。ホルモー、鹿男あをによし、プリンセス・トヨトミ、ちゃんとした映画スタッフで撮り直してくれんかな。

2017.1.12 ★★★

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください